医局説明会

昨日、4月17日火曜日に当科(島根大学医学部内科学第一、内分泌代謝内科)の医局説明会を行いました。

 

医局としての全体の研修システムやキャリアの構築、内分泌診療、糖尿病診療、女性医師からのワークライフバランスなどの説明を各先生からしていただき、

私は当科での研究についてお話しをさせていただきました。

 

当科では、細胞を用いた基礎的な研究をしており、今後動物実験なども予定しています。

日常臨床における疑問点や解決すべき問題点、今後の診療においても有用な新たな知見の確立、または創薬に向けての新たな標的分子の探求、内分泌学の発展に寄与するような新たな発見を目指して、常に若手を中心に研究活動を行っています。

 

さらに、当科では基礎的研究だけでなく、健常なヒトや患者さんたちを母集団として統計解析を行うような臨床研究も行っています。特に、糖尿病患者における骨代謝異常や骨代謝と糖代謝との連関性における研究では、世界から高い評価をいただいています。

 

医局説明会には研修医、学生さん合わせて20名以上が参加していただき、その後は皆で焼き肉に行き交流を深めてきました。

楽しい時間を過ごしたとともに、多くの若い方たちが内分泌代謝領域に感心をもってもらっているということが分かり、医局説明会に来ていただいた何人かが将来当科に入局していただけることを期待しています。

 

その中で、研究に興味をもっている方たちには、研究室長として責任もって指導にあたりたいと思います。