ベザトール発売20周年記念講演会

@ホテル日航東京
@ホテル日航東京

8月4日

 

本日はベザトールSR錠発売20周年記念講演会に出席しました。

 

座長を寺本民生先生、演者に曽根博仁先生、伊藤浩先生、代田浩之先生。

なかなか普段聞けないような興味深い講演を拝聴することができ、ためになる会でした。

 

曽根先生からは、

JDCSなどのデータから、日本人での心血管疾患のリスク因子の話から、特に糖尿病や高トリグリセライド/低HDL-C血症などの高リスク群にはベザフィブラートがリスク改善に良いという話。

 

伊藤先生からは、

耐糖能異常患者における脂質異常は高トリグリセライド/低HDL-C血症が動脈硬化のリスクとして最も重要であること。また、食後高脂血症の重要性。

 

代田先生からは、

日本人でのJ-BENEFIT研究から、糖尿病、耐糖能異常の患者へのベザフィブラート投与により、HbA1cが-0.5%、空腹時血糖-21mg/dL有意に低下するということ。

 

欧米人でのデータとアジア人でのデータと、やはり人種によりリスクの重みが違う可能性があり、日本人でのエビデンスを蓄積する必要があることが明らかとなり、やはりもっともっと頑張ってエビデンスの蓄積をし、世に広めていかないといけないんだなあと感じました。

 

微力ながら頑張りたいと意欲のでる講演会でした。