第1回アジア・パシフィック骨代謝学会

パースから南東へ約350kmにあるWave rock
パースから南東へ約350kmにあるWave rock

9月2日~5日までオーストラリアの西部にあるパースという都市で開催された、第1回アジア・パシフィック骨代謝学会+ANZBMSの合同学会があり、参加&発表をしてきました。

 

学会はオーストラリアとニュージーランドの研究者を中心に、アジアからの研究者も参加して、最新の骨代謝の知見や研究内容の発表があり、とても活気のある会でした。

 

私も、今年の日本骨代謝学会で発表した「ピオグリタゾンの骨代謝への影響」の臨床研究を発表してきました。数名の方から質問をいただき、また、懇親会会場では私の発表を聞いてくれていたオーストラリア人の人にnice presentationとお声をかけていただきました。

 

写真は学会の合間に行ってきたパースの観光スポットの一つ、Wave Rockです。高さ15m、幅100mある雄大な自然を前にして、自然の偉大さを実感しました。

しかし、自然現象の一つである“老化”に対して取り組む研究者の一人としては、なんとか大きな波にも負けずに、研究を一歩ずつ進めていきたいとも感じました。