ノーベル医学生理学賞受賞おめでとうございます

素晴らしいですね!

昨日、日本を明るく前向きにしてくれるニュースがありましたね。

 

京都大学の山中伸弥先生のノーベル医学生理学賞受賞ですが、50歳という若さで、研究を発表してから約6年というスピード受賞になりました。

現在、iPS細胞というのはどの研究分野でも注目されており、再生医療がいつの日か臨床応用されるように、たくさんの研究者たちが研究を積み重ねています。その先駆けとなったのが山中先生です。

 

現在の医療では治療の難しい難病、組織・臓器の欠損、機能を失った臓器の再生、加齢、などなど

 

iPSが臨床応用可能となれば、今の医療が大きく変わる時がきっとくると思われます。

 

それに、山中先生のコメントも素晴らしいですね。

臨床応用に向けて、ノーベル賞も通過点であり、まだゴールには至っていない。また、研究室に戻って研究を進めていきたい。研究を続けてこられたのも支えてくれた日本と周辺の理解者のおかげであり、今回の受賞は日本の受賞である。

ノーベル賞をとれるくらいの大きな仕事を、もう一度されるんじゃないかと思わせられるようなコメントですね。

 

山中先生は、大学時代も勉強ばかりしていたタイプではなく、ラグビーに打ち込んでおられたそうです。

学生時代に勉強をすることも大切だとは思いますが、何かに一所懸命打ち込んだということが、困難な研究を進めていくことの背景にあるんじゃないかと思います。

山中先生も研究を志したのはそれほど早い時期ではなく、発想と困難に立ち向かう情熱があればいつからでも大きな仕事はできるんじゃないかと思わせていただき、非常に励みになりました。

 

僕も今年で38歳になりますが、夢は大きくもって仕事に取り組んでいきたいと思いました。