糖尿病地方会無事終了、田中賢一郎先生がYIA受賞!

11月16-17日

 

第50回中国四国支部糖尿病総会が松江で開催されました。

今年は当科の杉本利嗣教授が会長であり、僕も学会の運営側として参加させていただきました。

 

学会に参加された方々は約900名にものぼり、発表演台数も263と非常に盛況な会となりました。

 

学会初日の懇親会では多くの先生方にお集まりいただき、1型糖尿病で歌手のHANZOさんの生ライブがありました。1型糖尿病に負けず、非常に力強い歌声で心に響く歌詞、メロディで糖尿病患者のために頑張ろうという気持ちを新たに再認識することができた有意義な時間を過ごすことができました。

 

また、懇親会の会場で、若手研究奨励賞の発表があり、当科の若手のエースである田中賢一郎先生が発表した「経口糖負荷後の血糖上昇は古典的動脈硬化危険因子とは独立して動脈硬化指標増悪に関与する」が見事に受賞しました。

僕も研究計画に参加した演題だったので非常にうれしかったです。

 

写真は田中賢一郎先生(左)&HANZOさん(右)です。

懇親会の主役の2人です。

 

糖尿病地方会は医師だけでなく、看護師、栄養士、検査技師などのコメディカルも多く参加する活気のある学会で、ますます研究&診療活動に頑張りたいと思いました。