オステオカルシンの内分泌的役割についての記事を更新しました

なかなか、自分のホームページの加筆や手直しの時間がなく申し訳なく思っています。

 

本日、ようやく研究内容の1つ目の項目のオステオカルシンの糖・脂質代謝との関連性についての記事を更新しました。

 

オステオカルシンの血管への直接の作用やインクレチンの1つであるGLP-1発現への影響などの論文もでてきており、骨と糖代謝・動脈硬化との相互連関についての解明が進んできております。

我々も他の研究者に負けないように、頑張っていきたいと思います!

 

現在、糖尿病治療について、骨とエネルギー代謝について、などなど研究を行っていますので、

論文化されたら、随時追加していきたいと思っています。

よろしくお願いいたします。