糖尿病と骨粗鬆症

糖尿病患者では、神経、眼、腎臓、大血管などの様々な臓器に合併症が起こります。

認知症や歯周病、癌なども糖尿病患者では多くみられることから、糖尿病では全身のあらゆる箇所のケアが必要になります。

 

我々の教室では、糖尿病に関連する骨代謝異常について注目して研究を行っていますが、徐々に糖尿病患者の骨病変の病態が明らかとなってきています。

しかし、まだまだ不十分ではありますので、今後も引き続き研究を続けていく必要がありますが。

 

最近、特に糖尿病などの代謝異常と骨粗鬆症との関連性についての講演依頼を受けることが多くなりました。

 

糖尿病患者に起こる脆弱性骨折の特徴、発症機序、薬剤選択、などなど

糖尿病専門家、骨粗鬆症専門家、コメディカルなどの聴衆に合わせた講演を行っています。

もちろん小規模での研究会でもお話させていただくこともあります。

 

5月には広島市、6月はウェブ講演、三朝温泉、安来市で講演させていただきます。

多くの先生方やコメディカルの方々と糖尿病における骨粗鬆症の情報を共有し、糖尿病患者の骨のケアができるようにしていきたいと思います。

 

今後とも、よろしくお願いいたします。