欧州糖尿病学会 in ウィーン

9月15~19日

欧州糖尿病学会(EASD)がオーストリア、ウィーンで開催され、参加してきました。

 

当科からは三宅仁美先生が糖尿病に関連する骨粗鬆症について、血清IGF-I値が新規骨折リスクを評価しうるという研究結果を報告しました。

僕が研究計画を立て、三宅先生がデータ収集、解析をしたもので、こうして海外の学会で発表でき、感慨深いものがありました。

 

本研究は、来月の日本骨粗鬆症学会でも発表予定であり、しかも学術奨励賞を受賞予定の研究です。(また報告します!)

まだ論文化できていませんが、近々論文化したいと思っています。

 

今年は日本でも新しく処方できるようになったSGLT2阻害薬の話題もあり、EASDも盛況でした。

勉強になりました!

 

ウィーンは初めて行ったので、もちろん、ちょっと観光もしました。

オペラ鑑賞もして、とても収穫も多く、楽しい学会になりました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    zzz (土曜日, 04 10月 2014 20:02)

    こんにちは、Dr.イッペー(^-^)
    今回の発表というのは、以前、内分泌学会総会で発表されたものということですか?
    それとも何か+α があるんでしょうか?