第59回日本糖尿病学会年次学術集会

5月19-21日まで、京都にて糖尿病学会総会が開催されました。

 

糖尿病学会と骨粗鬆症学会の合同シンポジウム糖尿病関連骨粗鬆症最前線にて、「糖尿病における骨脆弱化機序と骨折リスク評価」について発表してきました。

 

糖尿病は様々な合併症をきたす代謝疾患ですが、骨粗鬆症も合併症のひとつとして認識されるようになってきました。

 

なぜ糖尿病では骨が弱くなるのか、どういった指標が有用であるのかについて講演をさせていただき、多くの質問やコメントをいただきました。

これからの超高齢化社会にむけて、糖尿病患者さんの骨の健康を考えることも非常に大切だと考えております。

糖尿病患者さんの生活の質や生命予後を護るために、これからも研究、診療を続けていきたいと思います。